CLOUDFLOWとそのワークスペース

エンタープライズパッケージングワークフローシステム

CLOUDFLOWは、ファイル処理、資産管理、ソフトプルーフィング、ワークフロー自動化のためのモジュール式の印刷ワークフロースイートです。

PDF、色分版、トラッピング、スクリーニング、プルーフィングなどをサポートする、パッケージンググラフィック専用のWebベースのアプリケーションプラットフォームです。

Workspace Title

Workspaceは、すべてのCLOUDFLOW設定の基盤となります。既存のディレクトリ構造を反映しながらファイルリポジトリのインデックスを作成し、関連するメタデータを自動的に抽出して、正確なサムネールを作成します。すべての情報をデータベースに保存することで、利用および検索可能にし、設定やバックアップの一元化を可能にしています。

Workspaceには、ビジネスフローと生産フローを作成するための革新的なワークフローエンジンが搭載されています。完全にHTML5ベースのユーザーインターフェイスが、すべてのプロセスとコンテンツへの簡単でカスタマイズ可能なアクセスを提供します。Webサーバーが組み込まれているため、ワークフローに直接関連付けられ、適切なユーザーと権限の管理でファイルにアクセスするカスタムポータルソリューションを構築することができます。

CLOUDFLOWの広範囲で文書化されたWeb APIは、外部IT機器やデータベースに接続してパラメータやその他の生産指示を取得し、生産を自動化します。また、二重入力も排除します。

  Workspaceの詳細

CLOUDFLOWの概念

 
モジュラアーキテクチャ

モジュール化された構成とその拡張性は、CLOUDFLOWの基本的な特長です。さまざまな機能モジュールを追加し、組み合わせて使用することができます…

詳細情報
 
オープン規格

CLOUDFLOWは完全にオープン規格に基づいて構築されています。最初からWebベース(HTML5)で、PDFとXMLを全面的に使用し…

詳細情報
 
インダストリー4.0

CLOUDFLOWは完全にオープン規格に基づいて構築されています。最初からWebベース(HTML5)で、PDFとXMLを全面的に使用し…

詳細情報

製品

 
モジュール

ソフトプルーフィング、プリプレスの自動化、RIPスクリーニング、ジョブと受注のライフサイクル管理など、さまざまな機能モジュールを追加して組み合わせることができます…

  CLOUDFLOWのモジュールに関する詳細情報
 
スタンドアロン製品

最大限使いやすくし、特定の機能に簡単にアクセスできるように、一部のモジュールはスタンドアロン製品として提供されています。それらの製品は状況に応じてCLOUDFLOWのモジュール式環境にアップグレードすることができます。

  スタンドアロン製品の詳細情報

HYBRIDファミリ

“「当社は、ラベルとパッケージングに関する知識を持つIT企業、あるいは
ITに関する能力を持ったラベルとパッケージングの企業です」.”

当社は、パッケージンググラフィックス業界向けのネイティブPDFワークフロー、編集、および受注ライフサイクル管理に焦点を当てたソフトウェア開発会社です。当社のトップレベルのチームは合計1000年以上の印刷経験を持ち、今日のラベルおよびパッケージング業界が直面している課題に取り組む顧客を支援しています。

反応が速い開発および管理チームは、顧客の声に耳を傾け、市場のニーズを先取りしています。個別化されたソリューションが急速に増加している中、皆さんの成功物語がCLOUDFLOWの成功の基盤となります。

増え続けるHYBRIDファミリの成功に、すでに参加しているのは誰でしょうか?
> 詳細情報はHOTNEWSをご覧ください

HYBRIDファミリの一員として
活躍してみませんか?

> 求人情報をご覧ください

Would you like to become an active part of the
HYBRID family?
 Visit our job opportunities

最前列で見る

CLOUDFLOW Workspace - Introduction
CLOUDFLOW Proofscope - Approval
CLOUDFLOW Cockpit

当社の強力な生産性ソリューションを紹介する無料メディアコンテンツをご覧ください。当社は、ラベルとパッケージングに関する知識を持つIT企業、あるいはITに関する能力を持ったラベルとパッケージングの企業です。また、PACKZのWebサイトでは、最先端のPDF-Editorについても紹介しています。

NEW – モジュールTectonics
DatalinkでMISを接続